ご遺族様も一緒行った遺品整理作業

今回は広いマンションでの遺品整理作業の例です。

広い間取りのマンションには良くあることなのですが、以前は家族で住まわれていた物件で子供が巣立つ事で

入居者の数は減るがその際の家具や家財は残されている

部屋が狭い場合は必要にやまれずに片づけをするのですが、広いお部屋ですとついつい残しておいてします。

またマンションは戸建てと違いドアを開ければすぐに外!

というわけにはいかない事も荷物をそのままにしてしまう理由だったりもします。

残された遺族が何年分も溜まったご遺品を一気に遺品整理を行おうと思ってもなかなかできるものではありません。

そのような際には遺品整理会社である当社リスクベネフィットの出番です。

まずは周辺自治体のごみ処分方法を下調べを行ったうえでお客様とご商談です。

ご商談の際には商談シートを使いお客様のご要望をキッチリとお伺い致します。

遺品は捨てしまったら帰ってこないからです。

お客様のご要望や周辺自治体の処分方法などから見積金額をその場ですぐに書面でお渡しいたします。

即OKをいただき、お客様も私も時間に余裕があったので一緒にご遺品を探す事とさせて頂きました。

このようお客様とご遺品を探す機会も良くあるのですが、このような場合にはお客様はタンスや引き出しの中を開けて

見るだけ見て散らかしたままでOKです。

あくまで片付けるのは我々のお仕事ですので…

お客様とご遺品を探す作業をご一緒させて頂いた後カギをお預かりさせて頂いて翌日から本格作業です。

一度お客様とご遺品を探した後ではありますが、やはり分別作業人はもう一度ご遺品の見落としがないのか

再チェックをキッチリ行います。

その後ご遺品以外を分別しごみの処分業者に回します。

再度発見したご遺品はお客様にお渡しいたしました。

一度見たにも係わらずにさらにご遺品を見つけお客様にはまだあったのか?とびっくりされました。

これが遺品整理作業の一番のやりがいの部分です。

 

  • 作業: 遺品整理(まるまる詰め込みプラン)
  • 人数: 延10人
  • 日数: 2日
  • 料金: ¥ 858,807(税込)
壁一面に本棚飾り棚の中に遺品に繋がる物がないか確認します。
一つ一つ手に取って丁寧に確認します。
こちらも集中して確認しながら分別します。
キッチン周辺荒れ果てています・・・
運び出しやすいよう解体します。
押入れ内から出した布団結構あります。
キッチンスッキリしましたね。
リビングもスッキリ広くなりました。
お取り置き品は処分しないようお約束します。

お客様の声

image-0029
良くがんばっていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

担当者から

当社にご依頼いただきありがとうございました。気にされていました臭気も取り除くことが出来まして安堵しております。今後お困りごとがありました際は、私どもスタッフにお任せください。


●本社
静岡県富士宮市青木987番地3
営業拠点はこちら

ページの先頭へ