施工事例

必読!多くの経験から導き出した床上浸水をした時の除菌脱臭方法!

今回の施工事例は岡山県は高梁市からのお客様で平成30年7月豪雨で1階部分が役1メートル程度まで浸水してしまった案件です。

お客様のご要望としては

【しっかりと除菌をして欲しい】

【1日も早く営業を再開したい】

【臭いが後々でないように】

と言う事がご要望でありました。まだ水も引かず、電気無し、水道無しの状態から現地にお伺いし、現地での打ち合わせをさせて頂きご注文となりました。

床上浸水では壁をタオルや雑巾に湿らせたベンザルニコウムで吹き上げると良い!

と言った情報が多く流れておりますが、当社では

それだけでは不十分であると考えております。

水害復旧を生業として多くの経験を積んだ事がある業者、行政などは略皆無ですが、当社は多くの現場を経験しておりますので

実際にどんなことが必要になるのか?施工事例を公開しますので、ぜひ参考にしてください。

まずは壁の解体作業です。

なぜ壁を壊すのか?

まずは壁の石膏ボードは多くの汚水を吸っています。表面は乾いたようでも裏側は・・・

日も当たらない裏側で乾かない状態で何週間も放置するのですからカビが大量発生するのは想像に難しくありません。

壁を壊すと次に見えてくるのが【断熱材】です。

これが一番厄介です。

スポンジと一緒ですので汚水を大量に吸い込み中で腐ってしまいます。

当社ではもちろん撤去です。

ここまで見れば表だけをタオルで拭けばよい!

とはとても言えません。

断熱材を外し家の基礎や柱を見ると汚水で色が変わったり、泥だらけになっています。

当社では高圧洗浄を用いて汚水を抜き出し、細かい所は手作業で洗います。

下処理を丁寧に終えてジェットヒーターで乾燥をさせます。

乾燥後には自社製品の【RB酸水】を散布し雑菌を死滅させます。

ここまでくると9割終了です。

最後にオゾン燻蒸作業を行って脱臭作業と除菌の仕上げを行います。

ここまでの作業で完璧となります。

非常に手間がかかる作業ではありますが、今後の生活を考えるとしっかりとした施工が重要です。

 

 

 

  • 作業: 水害復旧(床上浸水)
  • 人数: 20人
  • 日数: 5日
  • 料金: ¥ 655611
まずは壁紙を剥がしインパクトでボードを外していきます。
ボードは汚水を吸っているのでボロボロで手で持つと崩れます。
ご覧の通り断熱材の裏にこんなに水がたまってます。
細かい所まで汚泥が回っていますので徹底洗浄です。
洗浄後は水を掻き出します。
濡れたままではよくないので強制乾燥です。
消毒剤を散布して脱臭作業。
ここまでくれば完璧です。

お客様の声

アンケート
不安が多かったなか希望の光を見せて下さりありがとうございました。スタッフの方の対応も非常によかったです今後も明るい笑顔を増やして下さい。お願いいたします。

●静岡本社
〒418-0047 静岡県富士宮市青木987-3
>>当社の各営業所について
  • ご依頼・ご相談のお電話はこちら

リスクベネフィット 埼玉営業所
〒334-0012
埼玉県川口市八幡木2丁目31-6
リスクベネフィット 東京営業所
〒104-0032
東京都中央区八丁堀4丁目5-12
リスクベネフィット 千葉営業所
〒299-0128
千葉県市原市椎の木台1-34-1
リスクベネフィット 神奈川営業所
〒254-0016
神奈川県平塚市東八幡2丁目1番7
フレンドポート平塚第一403
リスクベネフィット 富士営業所
〒419-0202
静岡県富士市久沢90
リスクベネフィット 浜松営業所
〒433-8111
静岡県浜松市中区葵西2丁目23-16
ワークオフィース葵102
リスクベネフィット 名古屋営業所
〒460-0012
愛知県名古屋市中区千代田3丁目4-5
コスモビル2階
リスクベネフィット 大阪営業所
〒542-0063
大阪市中央区東平2丁目5-2
光研社南ビル2-西号室
リスクベネフィット 中国営業所
〒710-0142
岡山県 倉敷市林2014-1