施工事例

【賃貸物件で孤独死発生】管理会社のご担当者様より緊急SOS

大阪市都島区より孤独死の清掃、遺品整理、完全消臭のご依頼です。

 

ご依頼主はアパートの管理会社様で、管理しているお部屋で身寄りのない方の

孤独死が発生しお困りでした。家財の撤去をしようにも臭気が強く、当初依頼

していた業者さんからは断られてしまったそうです。

 

特殊清掃の経験のない遺品整理会社や引っ越し会社に作業を依頼する方も

多いようですが、たいてい断られるか途中で作業を断念されてしまうことも多い

と聞きます。

 

当社では孤独死現場での特殊清掃から遺品整理、ゴミ屋敷清掃、完全消臭と

豊富な施工経験から確かなノウハウを積み上げておりますので、どのような

ご依頼にも的確に応えることが出来ますのでご安心ください。

 

問題のお部屋は賃貸物件ですので、また次の人に貸せるようにするため

特殊清掃と併せて完全消臭までの原状回復作業を依頼いただきました。

 

早速現場を確認させて頂くと、ベッドの上で亡くなっていたようで大きく

体液の跡が残っています。ここで気を付けなければいけないのが、体液の流れと

汚染範囲です。体液がどのように流れ、どこまで広がったのかを見極めて除去

していく事が完全消臭の第一歩となるのです。

 

確認を進めるとベッドの布団とマットレスでほぼ体液は止まっていました。

床のカーペットフロアに多少の体液が落ちていましたが、こちらは材質上液体を

通さない為、洗浄で対応することにします。

 

どのように作業を進めていくか工程をスタッフ間で共有し、故人様の冥福を

祈る合掌を行ってから作業開始です。

 

まず体液の付いた布団を撤去し、マットレスは廃棄しやすいよう半分にカットします。

カットしたら臭気を封じ込める特殊なフィルムでラッピング処置を施します。

これで臭気の大元となっていた体液と汚染物の除去が完了です。

 

次に床の洗浄です。カーペットフロアですので材質上体液も浸透はしませんが、表面に

付いてしまった分は体液専用の洗浄剤「タロウ」にて洗浄を行いました。体液には脂分も

多く含まれており一度の洗浄では落としきれません。何度も同じ洗浄とふき取りを繰り返し

綺麗になりました。

 

次に家財の撤去です。全ての家財撤去をご希望でしたので、不用品として廃棄できるよう

大阪市のゴミ分別ルールに沿って分別を行います。中身の入ったペットボトルや調味料は

しっかりと中身を出し廃棄に備えます。細かく地道な作業が続きますが、ここをいい加減に

行うと市のごみ集積場で受け入れて頂けなかったり、やり直しを命じられることもある為

一つ一つの作業を丁寧に行っていきます。

 

仕上げは完全消臭に向けた処置となります。ワンルームのお部屋の中には臭気が充満し、

室内の壁紙、カーテン、洋服、カーペット等は全て臭気を吸ってしまっていました。

密閉された空間では臭気が拡散しない分、お部屋の臭気が強くなる傾向にあります。

 

臭気を吸った壁紙も全て剥がし、当社オリジナル消臭剤の「ダンボ」を全面に散布

してからオゾン燻蒸開始です。高濃度のオゾンガスを発生させるタイガーを設置し、

除菌と消臭を行いました。

 

最後に簡易清掃をして納品に備えます。

 

確認に来た管理会社の方からは、臭気がほとんど感じられなくなったことに加えて

作業のスピードにも大変ご満足いただき納品となりました。

  • 作業: 特殊清掃、遺品整理、完全消臭
  • 人数: 3人
  • 日数: 3日
ベッドに体液が残っています
オリジナル消毒剤「RB酸水」を散布します
汚染されたマットレスはラッピングします
床は専用洗浄剤「タロウ」で洗浄です
臭気を吸った壁紙も全て剥がしました
分別したゴミを一箇所に集めます
一般廃棄物収集運搬許可を持った業者に廃棄を依頼
オリジナル消臭剤「ダンボ」を全体に散布
床を簡易清掃して納品です

お客様の声