施工事例

床下全域にわたって汚泥!狭い空間での水害復旧作業

今回は熊本県は宇土市にて行った水害復旧作業のご紹介です。

 

豪雨のため、床の上まで水に漬かってしまったとのことで、

床上の清掃は御自分で行ったものの、床下までは手がつけられずにご連絡に至ったとのことでした。

 

お宅にお邪魔して、台所の床下収納から床下を確認してみると伺っていたとおり

床下には汚泥が積もってしまっています。厚さは数センチほどではありますが、

その範囲は床下全域。総量にするととてつもない量の汚泥が流れ込んでいることになります。

 

このような汚泥は、乾燥が進んでくると悪臭の発生源になるほか、

生活排水や下水が含まれていた場合は感染症の元にもなってしまいますので、

放置しておくのは得策とはいえません。

 

当然、当社作業員も安全のため防護服に身を包み、床下にもぐりこみ作業を行います。

まずは臭気や感染症菌の大元を断つため、流れ込んだ汚泥を床下から運び出していきます。

今回の現場では、床下への侵入経路は台所の床下収納のみでしたので、

床下全面の汚泥を台所の床下部分に移動させ、運び出していきます。

 

床下での汚泥の掬い上げ作業は、高さが確保できず常時腹ばいの状態で行われますので

どうしても時間がかかってしまいます。

汚泥を掬い上げたあとは、高圧洗浄機を用いて洗い流し、仕上げに当社オリジナルの消毒液【RB酸水】を噴霧という作業を床下で繰り返すこと二日、床下全域の洗浄作業が完了。

仕上げに、オゾン発生器【タイガー】を用いて、床下の空間全域を消臭・消毒して作業完了です。

  • 作業: 水害復旧
  • 人数: 9人
  • 日数: 2日
  • 料金: ¥ 321,353(税込)
作業前の床下です。一面が汚泥に覆われて基礎部分が見えない状態です。
作業員が腹ばいになって床下に潜り、汚泥を回収していきます。
汚泥が減ってくると、やっと基礎部分が見えてきました。あと一息です!
生活している室内にはオゾンが影響しないよう養生し、床下を消毒・消臭していきます。

お客様の声

0027
急に連絡をしすぐ対応して下さって助かりました 作業もすばく対応もていねいにして下さいましてありがとうございます

担当者から

当社をご利用頂きありがとうございました。初の現場担当でしたので、お客様にご満足いただけるよう全力で望ませていただきました。(担当:池松)


●静岡本社
〒418-0047 静岡県富士宮市青木987-3
>>当社の各営業所について
  • ご依頼・ご相談のお電話はこちら

リスクベネフィット 埼玉支店
〒350-1114
埼玉県川越市東田町9-2
平野ビル2A
リスクベネフィット 西東京支店
〒194-0013
東京都 町田市原町田3丁目9-2
トリアノンⅡ201号室
リスクベネフィット 東東京支店
〒110-0015
東京都 台東区 東上野1丁目28-7
三喜屋ビル3F
リスクベネフィット 東京本部支店
〒105-0003
東京都 港区西新橋3丁目23-6
第一白川ビル3D
リスクベネフィット 千葉支店
〒277-0023
千葉県 柏市中央1丁目2-26
オフィスカシワ2B
リスクベネフィット 神奈川支店
〒254-0016
神奈川県平塚市東八幡2丁目1番7
フレンドポート平塚第一403
リスクベネフィット 富士支店
〒419-0202
静岡県富士市久沢90
リスクベネフィット 中国支店
〒710-0142
岡山県 倉敷市林2014-1
リスクベネフィット 東海支店
〒460-0025
愛知県 名古屋市中区古渡町18-9
TSUNOKYU名古屋ビル403
リスクベネフィット 関西支店
〒651-0084
兵庫県 神戸市中央区磯部通3丁目1-2
NLC三ノ宮1007
FC協力店 株式会社二コビット
〒870-0815
大分県大分市南春日8-3