施工事例

家全体が猫屋敷、お孫さんが遊びに来られるような家に・・・!

大阪にて行わせて頂いた猫屋敷の清掃・消臭作業の紹介です。

一度家財の撤去作業を終えた現場より、追加の受注作業になります。

臭気をある程度押さえ、お孫さんがが遊びにこられるような状態にして欲しいとの要望を受けて、作業員一同気合を入れて現場に挑みました。

 

猫屋敷の消臭を行う場合、猫の糞そのものや尿が掛かってしまったり、臭気を吸ってしまった家財は処分することで対処が出来ますが、家の壁や床は簡単に解体・処分というわけにはいきません。解体費用の後には、それを直すための費用が発生して・・・ とお客様の支払い金額は大きくなるばかりです。そこで当社では解体ではなく可能な限り洗浄・消臭作業で対応を行うことで、お客様の負担を総合的に抑えるように努めております

 

まず、猫の糞や尿のついてしまっていた床は洗浄作業の後にワックスを塗布、臭気を抑えると共に見た目も美しく仕上がるように対応させて頂きます。

 

壁紙に関しては、尿が染みこんでしまっていることに加え臭気を多分に吸着してしまいますので、こちらは剥がしての対応となりました。

 

窓の冊子にも、糞尿が溜まってしまっている状態でしたので、溝などの細かいところまで念入りに清掃作業を行わせていただきました。

 

これらの作業を終えた跡は、オゾン発生器【パンサー】を使って消臭作業を行っていきます。

全工程を終えると、家の中は見違えるようになり、お客様からは涙を浮かべながら感謝の言葉を掛けて頂きました。

  • 作業: 消臭作業+クリーニング
  • 人数: 30人
  • 日数: 10日
作業前の床の状態です。ネコの糞。尿ですっかり傷んでしまっています。
窓冊子の写真になります。汚れがたまっているのが人目で分かります。
汚れてなった壁紙は剥がしての対応になります。
清掃とワックスかけの終わった床はご覧の通りピカピカです。
窓冊子は細かいところに汚れがありますので念入りに・・・
最後の仕上げ”! パンサーでオゾン燻蒸留を行います。

お客様の声

足柄猫アンケート
最初はとても不安でした。業者の方とはいえ、家の中を見られる恥ずかしさがありましたが、一度見ていただいたら、気持ちがスーっと楽になりました。皆さんの礼儀正しい態度や丁寧な言葉使いなど、作業の仕上がりは勿論ですが今終わってみて感謝の気持ちでいっぱいです。関わって下さった皆様、本当にありがとうございました。瀬川さん、大満足です!ありがとう。