施工事例

突然の吐血!室内は病原体が潜む大変危険な場所となりました

自宅でひとりで暮らしておられ、突然の吐血でした。キッチンから和室に移動しようとした瞬間のことで畳の上に倒れ込み血を吐いてしまったそうです。幸いにも命に別状はなく、入院と検査という事になりました。

 

 

では特殊清掃(吐血現場清掃)の開始です。まずは部屋に入室します。血液には大変危険な病原体が潜んでいます。危険な場所空間ととなっております。二次感染予防対策の為、作業前の処置を慎重に行います。自社専用【RB酸水】の散布と【オゾン】を使用したダブル除菌を行いながら現状確認をします。

 

血液の飛散場所を特定します。助けを求めるために血液が流れるのを手で押さえながら向かったという、通路、玄関、居間、並びにキッチンと広範囲での血液除去作業になりました。机の下や、壁などいろんな箇所に血液が付着していましたので、見落としが無いように隅々までチェックさせて頂き当社のRB散水による除菌と合わせた拭き上げ作業をさせて頂きました。畳は目地に血液が染み込んでいます。感染症を防ぐ為、撤去処分します。撤去処分品は必ず厳重に梱包し殺菌消毒をして室内から搬出します。畳を外した床板の洗浄も怠りません、目に見えないところも丹念に行います。

 

吹きあげ完了後には再度RB散水しオゾン燻蒸のダブル除菌を致しました。

これで特殊清掃作業完了し納品となりました。

  • 作業: 吐血現場清掃
  • 人数: 2人
  • 日数: 1日
畳の上にも吐血をしてしまったようです。
畳を剥がしてみると下まで汚染されていました。

お客様の声

突然の事で焦りましたが、消毒や感染症についてアドバイスと丁寧な説明を頂き安心する事が出来ました。