ページの先頭

特殊清掃のリスクベネフィット > 特殊清掃ブログ > 2014/特殊清掃ブログの纏め

2014/特殊清掃ブログの纏め

2014年度の特殊清掃ブログを纏めました。意外に30000文字以上のボリュームです。書きたい事がいっぱいあったようです。特殊清掃遺品整理から学んだ事を書かせて頂いております。

2014/8/7 勉強

HP内にブログを開設いたしました。当たり障りのない内容から、かなり深い内容まで入れていきたいと思います。宜しくお願いいたします。

最近では巷で特殊清掃業の報道なども増えて少しですが認知度も上がってきたように思います。開業間もないころは、何の仕事?何それ?と言われたおりました。

また公共機関などに営業に行った際は

「人の不幸で飯を食いやがって、胸糞悪いやつ」

と直接罵られた事もありました。そんな中で手さぐりで始めた仕事でしたが、今では従業員も増え、代理店や協力会社もできました。とてもありがたい事です。

何故ここまでこれたのか?考察してみると、お客様に教えてもらえた!の一言に尽きると思います。

最近では業者の数も増え同業者の沢山の広告を拝見しますが、その中によくあるフレーズ「クレームゼロ」とありますが、私はお客様の指摘やクレームから学ばせて頂きました。HP内にブログを開設いたしました。当たり障りのない内容から、かなり深い内容まで入れていきたいと思います。宜しくお願いいたします。


最近では巷で特殊清掃業の報道なども増えて少しですが認知度も上がってきたように思います。開業間もないころは、何の仕事?何それ?と言われたおりました。

また公共機関などに営業に行った際は


「人の不幸で飯を食いやがって、胸糞悪いやつ」

と直接罵られた事もありました。そんな中で手さぐりで始めた仕事でしたが、今では従業員も増え、代理店や協力会社もできました。とてもありがたい事です。

何故ここまでこれたのか?考察してみると、お客様に教えてもらえた!の一言に尽きると思います。

最近では業者の数も増え同業者の沢山の広告を拝見しますが、その中によくあるフレーズ「クレームゼロ」とありますが、私はお客様の指摘やクレーム

遺族の方や、お困りの方の生の声から、こうしよう!ああしてみよう!とやってきました。

これからもその姿勢で進めていきたいです(クレームは無い方がいいですが…)

今時分ですと、当社は決算だったり、他にも社長業務がてんこ盛りで中々お客様とやり取りする機会が少ないですが、時間を作って一つでも多くの現場で勉強させて頂きたいと思っております。

2014/8/10 目を背けるな

おはようございます。

昨日も全国各地からお問い合わせ頂き誠にありがとうございます。一つでも多くのお客様のご要望にお応えできるようにさせて頂きます。(現実的には厳しいですが…)

つい先日ですが、見積もりに伺わせたいただきました。何社かでの相見積もりとなりました。呼ばれた会社を聞かせて頂くと、中々有名どころを抑えてらっしゃいました。

お客様と今後の事や特殊清掃業の事など沢山お話をさせて頂き打ち解ける事が出来ました。

そこで何社かのお見積もりを見せて頂きました。見てみるとビックリです。

安い所は当社より10万円位安く、高い所は倍くらいでした。作業内容も各社でまちまちです。「特殊清掃」と一言でくくられますが、中身は各社で違いすぎます。

これでは消費者の方は何が正解なの?となってしまうと思います。平均的な作業料金や、作業内容など統一していかなければ、間違えなく世間から疑問符を持たれてしまう業種となってしまいます。今後様々な社会情勢から鑑みて、特殊清掃業の需要は伸びると思われますが、トラブルも増えると思います。

法整備や規格整備などを必要と思います。世界で一番最初に超高齢化社会に突入する日本!我々の特殊清掃業以外にもまだまだ実態と法律が追い付いていない業種があると思います。

我々が日々見ている現状は、一般的にタブーとされ蓋をしたようになっておりますが、現実で日夜沢山の方が直面しているのです。目を背けずに向き合っていかなければと痛感いたしました。

2014/8/16 質の低下

お盆も終盤戦いかがお過ごしでしょうか?当社はお盆中ではありますが、現場仕事に精を出しております。

お困りの事がありましたらお声かけください。

今年の夏はすっきりと晴れる日も少なく毎日雨ばかりです。私どもの特殊清掃と言われる孤独死現場の清掃ですが、昨年と比べますとかなり少ない気がいたします。

世の中的にはよろしい事です。しかし天気が回復してきますと、発見される事が増えてまいりますので、ご注意ください。

最近現場に出て思う事。日本人の低下です。

例えば、はさみの使い方一つですが、若者たちは中々正しい使い方を知らないのです。顕著なものですと、「新聞紙張り」です。やり方を教えないで縛れる人は皆無に等しいです。

新聞を持ち上げるとボロっと落ちてしまう有様です。私なりですがいろいろ考えてみましたが、現代人はネットや携帯などで様々な情報と知識は持っているのですが、実際に経験したことが無い。だから生きた知識や、知恵が乏しいのではないかと思います。現代社会は豊かでボタン一つでできてしまう事が多いので、創意工夫や改善していく力も少なく感じます。

これが豊さなのだろうか?

この時期ですと戦争のドキュメンタリーなどを目にする機会が多く、あの時代の若者との差を痛感いたします(自分も含めて…)

ますます進むであろう人間の質の低下。考えさせられます。

2014/8/23  特殊清掃後の退去費用

ここ2~3日位から以前私の担当したお客様から、お電話が多く入ります。

「惟村さん、ちょっとご相談が…」

開口一番皆さんお困りの様子です。

「どうしたのですか?」

ヒアリングを進めていくと、どうやら、特殊清掃、遺品整理と作業を終え不動産会社様にお返しした後、退去費用が確定して高額な請求が来たというのです。

お客様にはその退去費用の内訳を見せてください。と伝え一件一件調べております。後ほど、どのような理由で請求が来たのか実例を2、3紹介したいと思います。

私の考える特殊清掃業は不動産屋さんや大家さん、近隣の方との対応までできて一件のお仕事が完了だと思います。相見積もりなどで他社さんの見積もりや、商談のお話を聞かせて頂いたりしておりますが、このような引き渡しまで面倒を見ている特殊清掃業者がいないように感じます。

遺族の方などは何故業者に頼むのか?と考えますと最終近隣に迷惑がかからないように!トラブルにならないように!

ここが目的で掃除を依頼していると思います。言葉を選ばずに言うなら

「退去費用を高く請求されたくない」

その為の特殊清掃業者であると思います。だからこそこれからも当社の作業が終わってからの退去までのご相談、アドバイスをしていこうと思っています。

2014/9/2 孤独死の退去費用高額請求事例その1 【関西で大家様が工務店だったケース】

 

前回のお話から突っ込みまして、実際に当社であった事のお話です。当社の作業が終わってからの高額請求のお話です。

「惟村さんお久しぶりです。ちょっとご相談があるのですが…」

っといきなりのお電話です。作業も終了したし、どうしたのかな?と思うと当社の作業のクレームでは無く、当社作業後の大家様からの退去費用についてのご相談でした。

このお客様の場合は練炭自殺で当社に作業依頼が入りました。完全消臭作業などをご提案しましたが、大家様が工務店との事もあり、悩むなパックと遺品整理のみ当社で請け負う形になりました。原状回復は大家様が自らやるとの事です。

しかしこのような作業の経験の無い大家様が回復まで持っていけるのか?

一度スケルトンにして組み上げるリフォームで治ると思っているのではないか?と御依頼者様と心配していた案件でした。

やはり予想が的中です。浴室、トイレ、壁、天井、床全部交換です。

また一つ一つが高いです。浴室ユニット70万円!

分譲マンションのグレードのレベルです。通常は20万円代程度です。

見積もりをお客様にFAX頂き、何が高いか!何が必要ないか!等をアドバイスさせて頂き大家様にお客様の代わりに言わせて頂きました。

他にも家賃保証なども言われましたが、家賃を保証しないで済むようにちゃんと原状回復しているのでは?と思います。

この他にもまだまだ高額請求のケースは御座います。

当社では特殊清掃会社の作業代だけでなく、孤独死や、自殺、殺人現場の事でトータルでかかる料金を下げるべくお客様のご相談にお応えしたいと思います。

2014/10/1 朝のひと時

お疲れ様でした。

今日の朝の出来事です。

毎回朝のゴミ捨てで御一緒している方とお話しする機会があり、朝から談笑させて頂きました!

すぐ近所の方なのですが、なんと独居でした。旦那様を早くに亡くされ、遺産相続後は親戚付き合いもないため、自分の死

後が心配で眠れなくなる時があるそうです。

仕事柄沢山の孤立死を拝見させて頂き、周りの方が何故気が付かないのか?

と考えておりましたが、自分もご近所さんの事あまり気にかけていなかったんだ…

と思い知らされました。

行政や自治体が頭を悩ます孤立死問題。現代の希薄な人間関係に大きく関係があるんだと思います。

朝のちょっとした時間の談笑が、以外にも孤立死対策につながるかも?

と考える一日でした。

2014/10/2  カメラ

先日静岡県では珍しい、特殊清掃の同業者の方とお話しさせていただきました。

この仕事ならでは困っている事あるある!

見積もりの際にシャッターが押せない…

これ本当によくあるんです。

自殺や殺人現場で何故かカメラのシャッターが押せないのです。

外に向かってシャッターを押すと

「パシャリ」

部屋の中だけシャッターが下りません。自分だけかと思いきや、同じ悩みを持っていたとわ…

故人の方はやはり取られたくないのですね。

故人の思いを大切にしたいですね。

2014/10/5 力を合わせる

先日静岡県では珍しい、特殊清掃の同業者の方とお話しさせていただきました。

この仕事ならでは困っている事あるある!

見積もりの際にシャッターが押せない…

これ本当によくあるんです。

自殺や殺人現場で何故かカメラのシャッターが押せないのです。

外に向かってシャッターを押すと

「パシャリ」

部屋の中だけシャッターが下りません。自分だけかと思いきや、同じ悩みを持っていたとわ…

故人の方はやはり取られたくないのですね。

故人の思いを大切にしたいですね。

2014/10/5 遺品のご供養

 

明日は以前から撮影しておりますTV番組の取材の仕上げがあります。

緊張しております。

取材とかよりも現場作業の方が落ち着く変わり者です…

今日は「遺品」にまつわるお話!

若者の方は、あまり知らない方が多いですが、日本には「魂抜き」「おたきあげ」といった、物に込められた思いを、供養する

習慣があります。

「針供養」や「仏壇供養」もその類です。

これが意外にすごく大事です。お客様の考え方ですので、遺品を全部ゴミとして処分を希望されたりしますが、

これがトラブルのもとであったりします。

実例で日本人形をゴミとして処分したケースがありました。

ゴミとして処分したその数時間後から、声がだんだん変わってきて、男性なのに女性より高い声になって壁に向かってブツブ

ツ何かいっているのです。目もウサギのような赤い目になっていました…

この物の処分に起因しているのか?定かでは無いですが、そうなのかな?と思うことは沢山あります。

故人の物に込められた思い。大切にしたいですね。

2014/10/6 女優さんとの対談

女優の大路めぐみ様と対談させて頂きました。ドラマ「ひとつ屋根の下」の中で、小梅役を熱演されていたので、

ご存知の方も沢山いらっしゃるかと…

カンパニータンクの雑誌用の対談でしたが、急速に進む高齢化社会について、行政の対応から、

家庭の形態の変化など沢

山お話しさせて頂きました。

まだまだ、実体を知られていないのが現状なんだと再度認識致しました。全世界で一番早く少子高齢化を迎える日本。

世の中の受け入れ態勢が追い付いていないのが、現実です。

皆様が少しでも興味を持っていただければと思う今日この頃です。

対談時のお写真はこちら(2012年10月 当社会議室にて)

http://www.riskbenefit.jp/wp/archives/52

2014/10/6 終活

以前の静岡新聞の中に終活の事が書いてある記事を拝見いたしました。

最後の文章に「人間誰だって人の迷惑掛けたり、掛けられたりして成り立って生きているのだから、お互い様で堂々と人の世話をし世話になろう」

とありました。素晴らしい意見だと思いました。残された方に迷惑をかけたくない気持ちは、人の優しさであり美徳です。しかしお互い様だから堂々と人の世話をして、自分も世話を受ける。この考えも人間らしく非常に素敵だと思います。

終活や孤立死などの記事は普段ですと重く後味の悪い事が多いですが、この記事は爽やかで温かい記事でした

静岡県内無料見積もりしております。
ご相談などお気軽にお問合せ下さい。

2014/10/6 特殊清掃員の職業病

おはようございます。


突然ですが死臭を嗅いだ事のある方はいらっしゃいますか?

人一倍嗅ぐ機会の多い私やスタッフは最近気が付いたのですが、死臭に対して以上に敏感なのです。生活臭などは、むしろ鈍感なのですが…

どんな時に感じるのですか?と言われると、例えば見積もり依頼を頼まれて現場の近くに行くと数百m離れた場所でも臭いがわかります。
「あれ?この臭いは?」といった感じです。ご近所の方や、新人のスタッフは気が付きませんが、わかってしまいます。
某所にて歩いていても「あれ?この臭いは?」と思い、まさかな?と流して後日ニュースを見たら、違和感を感じた場所で死体の報道!
ちょっとぞっとします。県内でまだ何ヵ所か違和感を感じる場所はありますが、怖いので触れないようにしております…

あまりに強烈な臭いの経験で、どうやら脳の防衛本能が働くようです。
これは職業病です。
火葬場などは、通常の方にはどうといった場所ではないですが、私にはこの防衛本能が働く場所です。

2014/10/7 貧困ビジネスの現場

遺品整理のお仕事は、沢山の人間ドラマが詰まっております。感動する話や、心にぐさりとくる話など、一件一件、どの仕事にも確実にドラマが詰まっております。

中には、触れてはいけない話も…

そんな場面に出くわした時は気が付かないふりをして流します。こちらもトラブルに巻き込まれたくないのです。

「任侠ヘルパー」の映画公開に合わせて貧困ビジネスという言葉を耳にする機会が増えました。そんな中、依頼をうけて、貧困ビジネスの被害者ではないのか?と思われる物件に遭遇しました。

孤独死の現場なのですが、明らかにいつもと違う違和感を感じました。

何故か?孤独死された部屋以外が綺麗になっているのです。でも、最近まで、誰かが住んでいた形跡はあります。
家賃から公共料金まで滞納されていたのですが、出てきた遺品の中に年金手帳や通帳、保険証券などがあり、収入があっり払えたはずなのですが、支払いはされず、お金はどこかに消えているのです。

私たちは依頼された仕事をこなすのみですが、明らかに誰かが食い物にした形跡が他にも沢山ありました。

意外にも身近な所で、貧困ビジネスはあるようです。

社会として排除、撲滅しなければいけない問題です。具体例はないですが、その為の活動を行う機会があれば、ご協力させて頂きたいと思っております

2014/10/8 福祉!

連日も現場業務に追われなかなかブログ更新できませんでした(ネタも無いですが…)

最近福祉って何だろう?と考えております。有料老人ホームやデイサービス、介護ヘルパーなど沢山あります。
介護老人ホームでの入居費の平均は関東地方で1200万円と言われております。デイサービスやヘルパーなども高額なものばかりです。
企業なので対価は必要ですが、金額を聞いてあきらめる方も沢山いらっしゃると思います。

もっと裾野の広いものでなければいけないのでは?と思っております。

理想と現実には大きな隔たりを感じます。

企業としては無理なので、個人的に何か活動しようと思っております。自分でできるなりのチョッとしたことですが…
まだ真っ白な状態ですが、形ができてきましたら、賛同していただける方がご協力いただければと思っております。

2014/10/9 福祉2

昨日お話した福祉についていろいろ勉強してまいりました。
訪問しお話を聞かせてくださった関係機関の方々、丁寧にご対応いただき有難うございました。

私が今回感じたこと。生活の支援が足りない。
でした。介護認定者には沢山のサービスがありますが、健常者の高齢者にはほぼ皆無なのです。某役所の福祉課の方のお話では介護保険の適応する事業は保険収入などが見込めるため事業が確立しやすい為提供できるサービスは沢山あるが、生活支援は収入源が乏しいためサービスを提供してくださる方が現れない。
との事でした。しかし本当に今必要なのは生活支援だともおっしゃっておりました。
今回お話を聞かせて頂かないと知らない事ばかりでした。まずはいろいろな実情を知って頂き考えるきっかけを作っていこうと思いますので、いろいろな事をお話できればと思います。

2014/10/14 救える命

お客様の問い合わせで、脳梗塞で亡くなられた方が非常に多いと思います。

なかなか予防が難しいですが、お風呂に入浴の際や寒い外から暖房の前で急激に温まるなどの際には非常に注意が必要です。

当社のお問い合わせの中には助かった方も何件かありました。

そこで、早期発見すれば救える命も沢山あったので、早期発見できるサービスや商品を提供してまいりたいと思います

2014/10/15 退去費用は何故高い?

ぱぁ~と一杯飲んで休日モードと行きたい所ではございますが、人の生き死には神のみぞ知る所で決まった休日はございません(ー_ー)!!

最近あったお話ですが、孤独死されていた物件ですが、退去費用の請求が以上に高いのです。そこで当社が依頼されまして消臭サービスと汚染物の除去を施工させていただきました。
最初に不動産会社さまから交換が必要と言われた場所を遺族の方からお聞きし、清掃させて頂きました。

当社が施工後再見積りすると半分以下の退去費用に…

何故?

理由はいくつかあります。
一つ目は人が死んだ物件なので業者も入りたがらない為、作業料金が割り増しされる。

二つ目は孤独死の物件への対応経験が少ないため、何を変える必要があり、変えないでも対応できるかのスキルが無いのでつい過剰に変えたがる。→新品にすれば解決されるとは限らないが…

三つ目は単純に薄気味悪いから変えてしまえ!
これは悪質ですが、心理的には理解できます。
他にも沢山あります。
今回もでしたが、年末にも同じような事で不動産会社さまと遺族で揉め弁護士の方から依頼され孤独死物件で原状回復するのに必要だったか、そうでないかの見解と過去事例から立証を依頼されましたが、私は過剰と判断しました。
このような事は沢山ある事かと思います。疑問に感じる際は一度ご相談ください。
中には相場よりも安い場合もありますよ…

お困りの際は一度ご相談ください!

2014/10/16 特殊清掃の期限

最近だけでなく、前々からも多い問い合わせですが、当社では求人は現在行っておりません。

当社では求人数が非常に多く、多い月では、300件以上の履歴書が贈られてきます。

その中で多い問い合わせが、仕事の単価や人数、または月の施工件数など細かく電話で聞いてくる方が後を絶ちません。
特殊清掃や遺品整理など、興味本位の方はブログを読んでください。また独立開業をご希望の方は当社の開業プラン(有料)がございますので、ご相談くださいませ!

今のところライトに書いておりますが、簡単に言うとスパイのような方が非常に多いのです。
現在開業しているものから言わせていただくと、開業は非常にハードルが高く、9割以上が廃業しております。
その理由

その1 仕事の受注が取れない。
営業活動は非常に苦労いたします。特に静岡県ではまだまだ認知度もなく、営業、広告費はかなりかかります。

その2 お客様から理解されない
現代は詐欺なども非常に多いため、お客様は非常に警戒されております。なかなか家の内部に入れて、すべてを見せたいとは思いません。

その3 実際の現場に行き「無理」だとさとる。
この仕事は儲かると思っていらっしゃる方がほとんどですが、いくらお金をいただいても無理となってしまうくらい悲惨な現場が多数あります。


大きくはこの3つです。高齢化社会だから…核社会科が進んでいるから…
などいわれておりますが、だからと言って遺品整理、特殊清掃業が開業しやすいかと言われると、難しいです。

現在年間何百社と新規参入がありますが、やられる前に一度よくお考えください。

またブログで書かせていただく事もあると思いますが、この業界の知られざる顔やいろんな悪徳な話などをお話しさせていただきたいですが、
いろいろな影響から今は内緒ということで…

遺品整理業者対象とした詐欺師もいるので開業にはご注意ください…

2014/10/17 様々な依頼

私達特殊清掃業は、深刻な依頼から、一風変わった依頼など様々です。
そこで今日は普段ならば断わることのない当社がこれはできないと思った依頼のお話です。

それは、依然施工させて頂いた不動産屋さんからの電話から始まりました…

「またちょっと頼みたいのでけど、今回は猫屋敷だった所の猫を処分してほしい」
ともご依頼でした。飼っていたペットもご主人様と一緒に孤独死されたのかと思い一つ返事で
「了解いたしました。」
そこで早速現場に突入です。

でも何か変なんです。いつものあの独特な臭いと何ともいないあのゾクゾク感が来ないのです。

勇気を振り絞りドアをオープン!

猫がかわいらしく生活しております。
不動産屋さんに確認すると一言
「猫屋敷になっちゃうから殺して!」とにっこり
私はゴルゴか?殺しは専門外です。
現在も飼い主募集しております。特殊清掃業は何でも屋とは違うことを早く認知されたいと切に願います。

2014/10/18 プロ野球と同じスケジュール

おはようございます。(夕方ですが…)

昨日は深夜の出動の為、昼夜逆転です。
連日陽気も穏やかで、温かくなってまいりましたね!
とても気分よい日々だと思います。
しかし特殊清掃屋の私は
「あの季節がきた…」
温かくなると、臭いと害虫との死闘を思い出すのです。
今日のこの気温と湿度だとどんなかな?
っといった具合です。<a href="http://www.riskbenefit.jp/tokusyuseiso/kenko-yobo.html" target="_blank">温かくなるといろいろ注意が必要です。こちらをクリックしてちょっと予備知識を!</a>

特殊清掃業はまさにプロ野球選手と同じでこの時期はオープン戦!
4月からペナントレース!
じめっとした6月を過ぎてオールスター
7月8月の熾烈を極める優勝争い
9月に入り勝ち残ったものの頂上決戦日本シリーズ。

このスケジュールとほぼ同じです。この時期に体と心を整えようと思う日曜夕方です!

2014/10/19 業者の選定

おはようございます。

一雨ごとに、寒くなる今日この頃ですがいかがお過ごしでしょうか?
弊社は毎日、見積もりと現場に追われる日々です。

最近ですが、地元静岡県でも、見積もりで他社様と競合することが増えてまいりました。同業者が増えてきたようです。
選択肢が増える事はお客様にとって非常に良いことだと思います。

あまり理解されていない業態なために、情報が多くあり比較できる事はいいですね。

そこで、失敗しない業者選びのPOINTをご紹介いたします。

1、明朗会計

見積もりが無料であり、追加請求の有無は確認した方が良いと思います。この業界、見積もりは安いですが、追加請求が高額な詐欺まがいのトラブルが非常に多いそうです。

2、家電リサイクル

現在日本の法律では、テレビ、や冷蔵庫などは処分に家電リサイクル料金がかかります。適正に処分するとリサイクル券が発行されます。
本来、無料回収は違法になります。このリサイクル券が出るか出ないかは非常に重要です。

3、値段の安さ

同じ商品を購入するのであれば、安いに越した事はありませんが、この業界だけは別です。「安かろう悪かろう」です。日本ではゴミを捨てるにもただではありません。市区町村などで値段は変動はございますが、一㎥9000前後が相場です。この金額+搬出作業台です。
例えば2tトラック辺りが10㎥です。トラック一台で9万円前後が相場です(リサイクルや買取などで安くなりますが)大手のクロネコヤマトの遺品整理ですと、この処分料に、搬出料金が21万円です。合計30万円位が相場になります。
あまりにも安い場合は、処分の仕方に問題があると思います。業者に頼んでも、出した人まで罰せられます(罰金はかなり高額です)


現在、今後のご参照になれば幸いです。今月に入り見積もりで競合した際に当社の半値以下な見積もりがちらほらありました。
この金額は無理でしょ?と思うものがあったので、ご注意ください。

2014/10/20 遺品整理、特殊清掃に必要な人形供養

ご無沙汰しております。
気温も寒くなり、動きやすい中での仕事で良い気持ちで仕事に向かう今日この頃です。
最近依頼の多い人形供養、御焚き上げ</a>もちろん当社でも行っております。実際の作業は、当社でなく某お寺でお願いしておりますが…(いいとは思いますが、念の為許可を得てないので名前は伏せます)


遺品整理や特殊清掃業の我々には無くては成らないものだと思います。
物にはやはり人の思いが籠っているエピソードが沢山あります。

次回から少し触れてみたいと思います。

本日は夜も更けてまいりましたので、この辺で!

2014/10/21 怖い人形

天気は最悪の雨です。

以前に少し述べました。人形供養にまつわるお話です。

人形供養や御焚き上げ、魂抜きに針供養など様々な風習がある我が国日本です。
現代では軽んじられている風潮にあります。
しかし本当に軽視してもいいのでしょうか?昔からの風習や言い伝えは時として科学的に正しかったりする事が往々にしてあるのです。
遺品整理特殊清掃の現場にいる我々からすると、答えは「必要」だと思います。

なぜその答えになるのか?
理由は人形などで怖い思いをしたからです。
今日は人形の怖いお話。

ある日の現場です。いつものように遺品整理!
頼まれてはないのですが、嫌な感じがするので
「人形は別で処分するからよけておいて!」
と指示をしましたが、遺族の方に捨ててくれと言われスタッフがトラックのゴミの中にポイ!

ここからが恐怖体験スタート!
2時間くらいするとスタッフの様子がおかしいのです。
作業しながら小声で
「ぶつぶつ」
何を言っているのかわかりませんがとにかくぶつぶつ言ってます。
時間が立つと壁に向かってさらに「ぶつぶつ」

様子が変なので後ろから声をかけましたが無視です。方に手をかけて一言
「おい」

すると振り返った彼の眼はウサギのように真っ赤な目!
こりゃやばいと思いましたが時すでに遅し、男の子なのに女の声で
「殺す殺す殺す」
の連呼です。小柄な男ですが、スタッフ3人でも抑えられません。
力を合わせ取り押さえ、除霊と病院行きとなりました。
ですが症状も改善されず困っておりましたが、人形を捨てた事を聞いた私が、人形を供養して頂くと、症状が消えて治りました。
嘘のようなホントのの話。
それ以来お客様にはご供養を強く進めるように致しております。

2014/10/22 感染症第一弾

おはようございます。
連日死者数を増やし猛威を振るうエボラ出血熱。

寒い時期に話題になるとりインフルエンザ(H7N9型)

対岸のお話ではなく日本でも広まる恐れのあるものです。

我々特殊清掃業に従事する者は日夜目に見えない感染症との闘いです。勉強すればするほど、「もしかしたら死ぬな!」と思い現場に行く事が怖くなります。また、だからこそ仕事にやりがいとプライドを感じるのですが…

エボラ出血熱、新型インフルエンザに対して、どんな対策と準備がなされているのかのお話です。

インフルエンザや新型病原体との戦いは大きく分けて2種類で一つは薬剤やワクチンで、もう一つはウイルスを国内に侵入させないための水際対策や、特定の地域に閉じこめて感染の拡大を防ぐ地域封じ込め、あるいは外出や集会などの自粛といった、さまざまな公衆衛生的対応です。

これは世界規模で連携をし進めており、日本はかなり高い水準にあります。(島国でよかった…)
その次にはワクチンの接種です。
ワクチンと言っても何種類かありますのでご紹介。

今日はとりインフルエンザについて!

パンデミックワクチン
効果は高いけれど
いまからは製造できないワクチン

 

新型インフルエンザウイルスをもとに作成したワクチンをパンデミックワクチンといいます。
ただし、このワクチンはウイルスが発生してからでなければ製造できません。
したがって、ウイルス発生からワクチン完成までの間は、このワクチンなしで対応しなければなりません。
国はパンデミックワクチンを全国民分、製造する予定で、製造され次第、順次接種を開始します。

プレパンデミックワクチン
すでに製造しているけれど、パンデミックワクチンと比べて
効果が確実とはいえないワクチン
ワクチンにはもう一つあります。鳥インフルエンザウイルスからつくるものです。現在すでに鳥インフルエンザウイルスが人へ感染していますが、このウイルスが新型インフルエンザウイルスに変異するのではないかと危惧されています。ですから、鳥インフルエンザウイルスをもとにしたワクチンでも、新型インフルエンザに対して、ある程度の効果をもつ可能性も考えられるのです。
このワクチンをプレパンデミックワクチンといいます。
注意しなければならないのは、ウイルスの変異を正確に予想することはできないため、プレパンデミックワクチンの効果を過信することができないということです。
抗ウイルス薬

発症を抑えたり
症状悪化を抑えてくれる薬剤
抗ウイルス薬は人の体内でのウイルスの増殖を抑えるものです。感染してしまっても、発症を抑えたり、症状の悪化を抑えることができると期待されるのです。
日本で承認されている抗ウイルス薬には、オセルタミビル(商品名タミフル)とザナミビル(商品名リレンザ)があります。

大きく分けて3つのワクチン方法です。

これを読むと間に合わないなど不安が増します。そこで日ごろからできる事をご紹介いたします。
まずは素朴な疑問ですが、なぜ感染するのか?

医学的には色々な難しい用語が出てきますが、簡単に言うと免疫がウイルスに負けてしまうと感染です。体に侵入しても免疫が強ければ発症せず唯の菌保菌者です。そんなことからも、規則正し生活と食生活、適度な運動などで体にしっかりと免疫力を高める事が一番大切なのです。
これに勝るものなしです。

今日はこの辺で、また第2弾エボラ出血熱かノロウイルスを書きます。

2014/10/23 特殊清掃業の感染症予防

ご無沙汰しております。
 

今日も感染症についてです。
当社では特殊清掃業をメイン業務にしております。感染症対策の最前線です。
適正な技術を要する業者でしたら間違いなくしっかりされていると思います。

まずは防護服!
これは絶対必要です。肌が出ているなんてもってのほかです。
長靴、ビニール手袋(当社は3重で使用)で完全防備です。

次にマスク!
良く業者でされているような簡易マスクでは到底無理です。きつい現場ですと、息を吸うと肺が痛い((+_+))
当社では毒マスクを使用しておりますが、息が苦しく、辛いです。更に臭いはこれで少し和らぐ程度!臭いには歯が立ちません…

最後にゴーグルにフェイスを覆って出来上がりです。
この状態ですと非常に暑い!とにかく暑い!
この状態で夏場締め切った部屋での作業です。水分どんどんとらないと熱中症でいっぱつOUTです。

感染症対策にとりかかる前にこの状態です。

ここから先の感染症対策は企業秘密です。以外に業者の装備を見れば力量がわかるものです。

2014/10/26 遺品整理業の闇

ご無沙汰しております。
昨日は特殊清掃のお問い合わせがあり、お急ぎのようでしたので、緊急出動に備えて待機中でございます。
最近見積もりや商談などで外を回っていて感じる事を書かせていただこうかと(ちょっと不満がたまり気味です)

我々遺品整理、特殊清掃の業界の全てでは無いですが、心の無い業者が多数見受けられます。

最近全国初で摘発がありましたが、不用品回収業のお話です。どこの町をお仕事で回らせて頂いても必ず目にする業種です。
しかし本当は無料回収はしてはならないのです。そしてこの違法商法の不用品回収業者が遺品整理と言い方を変えて営業している事が遺品整理業者の殆どです。

どう言った儲けのカラクリなのか?
簡単です。現在の日本では家電リサイクル法が施工されて、有料となっております。消費者の方は「え~」となっておりますが、そこで、「家電量販店ならこの金額だけど、半額で引き取るよ!」と言って引き取ります。それをさらに転売するのです。お金をもらって更に売る。
なかなかあこぎな手法です。また遺品整理の現場もそのような現場が横行しております。
果たしてこのようなやり方が適切なのか?
答えはNO!です。
環境省は今まで資源の再利用をうたい文句に隠れていた不用品回収業者を、今後はいかなる理由であろうと認めない。と通達し初の摘発に至ったのです。
消費者からすれば、安い方がいいですが、資源の乏しい日本では資源の流出を防ぎたい。と考えております。また資源を海外で転売するだけなら良いのですが、お客様からゴミの処分料を取り、海外に持っていき処分している業者も多数あります。ゴミを海外に持っていき、国際問題になっているのです。お客様から頂いた処分料で海外に運んで処分すると、おおよそ遺品整理5件程度で50万円程度の利益になるのです。

日本国内で安く処分できれば一番なのですが、法律は法律です。現在の日本では処分料はかかります。

広告などを見て綺麗な事を謳っているが、実態は…と言う業者が殆どです。
このような事では、いつか世間から嫌われてしまうなと危惧しております。

このように転売や処分料の横領で利益を出す業者様が多数あり、見積もりの際に比べられて、「ぼったくり」とか、「詐欺だ」などと怒られる事があります(つい先日も)
正直者がバカを見るとはまさにこの事です。自分の考える遺品整理と、現実のギャップに今日も悪戦苦闘しております。

2014/10/27 仕事の前に思う事

おはようございます。
本日は現場に出動前にブログ更新です。

天気も良いので仕事日和です。本日は孤独死現場に出動です。不謹慎ですが様々な業務をしていて実は一番やりがいのある現場の一つです。綺麗事のように聞こえますが、お客様に一番「ありがとう」と言われるからです。
世知辛い世の中ですが心から「ありがとう」って言ってもらえる場面ってなかなかないですもんね!
では、本日も行ってまいります。

2014/10/28 開業してからも思う事

本日も現場に行きいろいろ勉強になりました。
事件現場や特殊清掃業をしていて思うことなのですが、見積もりなどの際に、状況を隠す方が多いな~と
密葬な子事が殆どなので仕方ないですが、普通にお掃除の依頼と思い受けるとびっくりなんて事もしばしばです。

例えば、布団を裏返したら人型だったり、いろいろありますが、私どももプロなのでだいたいわかるものです。
この特殊清掃業を開業してから(聞かれることが多いので始めたきっかけをそのうち書きます。)今も変わらず「言葉でなく行動で人の力になりたい」と今も思っております。だからいろいろお話してもらえれば、ご相談に乗れるのに…と歯がゆく思っております。

いろいろ隠さずに、ご相談されるような人間力が欲しいと思わされる今日この頃です。

2014/11/2 完敗

おはようございます。昨日は相見積もりで完敗で意気消沈です。

昨日は現場を確認に行く前に「他社が今即決ならこの金額でやる!」と言ったので見積もり結構です。との事です。
仕方ない事です。金額をお教え願えないか?と言うと金額を聞いてびっくりです。
私が聞いて言葉の出ない金額です。
素直に一言「安いです!」
完全に完敗です。

ゴミの処分料って?
遺品整理しているのかな?
終わった後掃除しているのか?
など疑問に残ることだらけです。消費者の方からすれば安いことに越した事は無いでしょうが、法令を守ってできる金額では無いのです。

私の考えは、やはり安いものでない遺品整理ですから、終わった後にハウスクリーニングを無料でしたり、気持ちでやってきましたが、内容よりも安いだけに負けた。
仕事に対して考えさせられます。

2014/10/29 遺品整理業開業のきっかけ

おはようございます。
本日も天気が良く作業日よりですが、昨日は夜の緊急出動の為今から就寝です。
特殊清掃、遺品整理のお仕事を開業したい方、されたい方沢山おります。
そこには、一人一人の理由があり、動機があります。今日はそんなお話です。

なぜ私がこの仕事を始めたか!よく聞かれる事です。
理由は沢山あります。始める事は一つの答えですが、そこに至るまで、いろいろな事が重なって、行き着いた感じです。

幼少期からやんちゃに育ち(お恥ずかしい限りでちょっとやんちゃすぎました…)そのまますくすく成長して、大人になり、大人になってもその性格は変わりません。
なかなか大人の社会になじめず過ごしておりました。そこで若くして企業し、たまたま商売も上手くいき、自由な生活を送っておりました。若い私は自由に生活し家にも寄り付かずやりたいように過ごしていました。しかしそんな私を祖母は非常に優しく接してくれました。いつも自分の事よりも私の事を優先してくれるかわいがりようでした。
そんな祖母が後年、ずっとお墓や、死後の事ばかりを気にしておりました。そして自分でお墓などをこうすると決めました。
その数日後、祖母は家で倒れており、救急車で運ばれそのまま家に帰る事無く、亡くなりました。
主治医いわく「本人はずっと前から辛かったと思います。」と言われました。体のあっちこっち悪いところだらけで、自覚していたはずだったのです。
健康なものだと信じ、何もわかってあげる事が出来なかったのです。自分の死期を感じても相談もせずにずっと悩んでいたのです。
後悔の念と、罪悪感でいっぱいでした。

いい家に暮し、いい車に乗って、旅行に行ったりと自由に生きていましたが、そんな事よりももっとすべきことがあっただろう!と
でももう遅いのです。自分によくしてくれた祖母が最後まで悩んでいた。晩年位は悩みなく穏やかに過ごさせてあげたかった思いました。

その死をきっかけに、「世の中の高齢者の人達が若いころ一生懸命働いて豊かにしてくれたおかげで、今電気、ガス、水道が当たり前な豊かな生活を送れるんだな」と思い、その人達に感謝をしなければと思い仕事も辞め何かやれる事がないかと過ごしておりました。そこで出会った言葉が孤独死です。自分たちに良いものを引き継いでくれた世代が孤独死するなんて…

どうやったら孤独死をなくせるか?と市役所、社会福祉協議会、NPOなど様々な所に出向き話をしました。どこに行っても「何を言ってるの?」って感じです。財源も無い、協力者もいないの状態で、何も前に進まない毎日でした。そんな中たまたま孤独死して困っている方がいるというお話がありそれが遺品整理、特殊清掃との出会いです。そのお部屋を掃除しましたが、経験も知識もなく、気持ちひとつで手さぐりでやったのです。(今考えると無謀です。)
今では遺品整理や特殊清掃と言う言葉や、職業が認知されてきましたが、当時は全くです。
これなら商売としてやれる!と思い始めました。本当は孤独死を無くすことができれば一番なのですが、それには財源も力もない私にはできないですが、その後なら私にできる唯一の事でした。
だから今も「俺が綺麗にするから安心しな!」と心の中で故人と語りながら現場に立っております。

2014/11/1 特殊清掃業っていつ休み

本日はあいにくのお天気ですが、本日もお仕事です。
世間では3連休!我々はお仕事です。今日もお見積もりに行ってまいります。

私たちの遺品整理、特殊清掃業はいつ休みなのか?
と疑問を持たれますが、休みは未定です。言い換えればいつ仕事かも未定です。遺品誠意等では割と前もっての予定が立ちますが、事件現場や火災現場、孤独死、自殺などは24時間待ったなしなのです。昼なのか夜なのかも未定です。
たまには一日仕事の事を頭から切り離してのんびりしてみたい!なんて思ったりも…
3連休の車の中からの景色を見て思うことです。

2014/11/3 出帳

県外出張を終え、久しぶりに実家で休暇ができました。
たまには心と体のリフレッシュ☆

出帳先では孤独死2件とゴミ屋敷+動物の虐待後の死体遺棄現場と回ってまいりました。
どの現場も、一筋縄ではいかず、人生を考えさせられる事ばかりでした。
そんなこともあり、実家に帰り引きこもり生活でした。
改めて家族について考えさせられました。

今回の動物虐待の現場は、借主は家賃も払わず行方不明です。どうやら借りてから一度も家賃を払わず半年後行方不明だそうです。子供とお母さんの二人暮らしの若いシングルマザー
依然このようなニュースを見たような…
退去後部屋を開けると、異臭とゴミの山です。その後一年で床や壁などを変えリフォームしてありましたが、臭いが取れず今回の依頼のつながりました。軽く一週間程度の施工で臭いも取れ大家様も大喜びです。
餅は餅屋です。普通のリフォームとはわけが違うのです。

2014/11/4 遺品整理の王道

本日は朝から山梨県を周り滋賀に行きます。途中の富士山が綺麗です。余りに綺麗なのでパシャリと年甲斐もなく写真撮影です。

世界遺産に認定と言うことで遠路はるばる沢山の方が沿道で写真を撮影しておりました。
そんな中での撮影の為にわかな装備でごめんなさいと言った感じです。

山梨から戻ってまいり遺品整理について社内で話をしました。前々から感じていた事ですが、最近遺品整理業を開業?されている方が沢山増えました。当社も把握できないスピードで増えております。
しかし実態は不用品回収業が圧倒的に多いです。次いでリサイクル業や解体業、引っ越し業などの方がほとんどです。
会社も増えて活性化してくれれば良いのですが…
やはり遺品整理を単独で行う専門業者は皆無のようです。

私単独の意見ですが、遺品整理業とは、何か違うもののような気がします。清掃業やゴミ処分業、不用品回収業とゴール同じ綺麗に処分する。と一緒なのですが、遺品整理業には捨てられない「心」や「生きた証」を遺族につなぐ事が求められていると思います。

一つ一つの物をチェックする為工数もかかります。大切なものや本当に価値のあるものを遺族にお渡しするので、転売の利益も少ないので価格では負けてしまうことも沢山あります。しかし値段ではなく気持ちで当社を選んでいただけるお客様もいると思いスタッフ一同初心に帰ろうと話しました。
中には上手く転売して儲けようと当社に話を持ってくる方もいらっしゃいますが、苦労はしますが、遺品整理業の王動を貫ければと思います。

2014/11/5 エンディングノート

その中に「相続診断士」の方がいらっしゃり、今日は相続診断士の方のお話です。
「相続診断士」って何だろう?と素朴な疑問です。
「相続診断士」とはエンディングノートなどを利用し生前から相続の準備のお手伝いの活動をされていらっしゃる方です。
公正証書や遺言書などは士業の方の専売ですが、もう少しライトで身近なもののような感じです。

お話をしておりまして、エンディングノートを書くお手伝いをしているといっておりました。
確かに、エンディングノートを必要とされている方はある統計では7割以上だそうですが、行動に移すとなるとまだまだないもしていない事が多いそうです。
そこでエンディングノートを書くきっかけを作っているのだそうです。

日本人の習慣では、死後の準備は縁起が悪いと思われがちですが、エンディングノートは過去から、今現在の自分を見つめなおすツールなのです。そこから今後の生き方を考え豊かにするものです。
そこは特殊清掃や遺品整理をしている私どもと一緒です。人の死から、現在を考える!
まさに、私どもが日々体感している事です。

相続診断士の方は現在1年に1度今の考えを書くように進められているそうです。
エンディングと言うと暗く重いもののように感じますが、非常に明るく、前向きで、いいものだなと感じました…

 

また当社の「遺品整理士の考えるエンディングノート」もまだ若干残りがありますのでご提供致します。ご興味ある方はお電話ください。

2014/11/6 孤独死の根っこ

本日も特殊清掃や遺品整理のお話をしたり、孤独死を無くすにはどのようにすればよいか?などをお話いてまいりました。

非常に難しい問題ですが、地方を回っていていて感じたことは「恥ずかしい」や「恥」と捕らえている方が多いと感じました。
私の私的見解ですが、ご近所同士話をしたり、力をあわせたりすることは何も恥ずかしいことではないと思いますが、そこは日本人、人に迷惑をかけるなら我慢してしまうのです。
孤独死の根っこには「気使い」があるのです。
私のブログや、会社、外に出ての講演や、談笑などを通して一人でも多くの方が「孤独死」を考え、身近な家族や友人、ご近所さまに声をかけるきっかけになればと思います。

「気使い」から、なかなか言い出せないからこそ、若い世代が率先していければと思います。

2014/11/8 恐怖のラジオ

特殊清掃の事件現場のなどでよくある恐怖体験。
最近書いておりませんでしたが、意外に人気を博しておるので久しぶりにいっておきます。

この現場は孤独死をした現場でした。
いつものように手を合わせ突入です。部屋に入るなりいつもの異臭が襲ってきます。置くに入ればその攻撃力は上がってきます。

これはやばいぞ!私の経験値と人間的感覚から直感的に感じます。私を先頭に経験値の少ないスタッフを従えて中に入ると

「お前らこれ以上くるな!」
と声を掛けました。
誰もいない部屋で何故かラジオが鳴っています。

私が電源を抜いてもまだ鳴るのです。主電を落とし鳴りやみました。
スタッフはみな電源内臓なんだよ!と言ってその場は収まりました。でも私は腑に落ちない。何か変な気がするのです。
数日後私の感が当たり本当の恐怖体験スタートです。

次の作業時には私どもは参加しませんでしたが、現場に入った人に聞いてみると

またラジオが鳴っていると言うのです。さらに空気清浄機が動いたり、消してもまた動いたり、ラジオが鳴ったりと…

孤独死の現場ではよくありますが、部屋が気になって人に見られたくない個人様が我々にメッセージを発信してくることがあります。
心の中で「俺が方付けるから安心して大丈夫だよ!」と唱えねがら今日も現場に立っております

2014/11/9 嬉しいお客様の声

おはようございます。本日は久しぶりの休日です。(緊急出動あるかも…)
道具の手入れや車両の手入れなど普段できないことをする予定です。

当社株式会社リスクベネフィットは数社と技術提携し当社の消臭などフィードバックしております。今日はその中の一社のお話です。

特殊清掃業はまずは見積もりです。見積もりを取りますと相見積もりで何社か来たそうです。
今回はどうかなぁ~と思って返答を待っておりました。
すると「御社で頼むよ!」との返答です。心の中でガッツポーズ☆
「他社さんは高かったですか?」と問うと、
「他の方が安かったよ」と言われ
「高いのに何故選んでくれたんですか?」
と聞くと「見積もりの際にマスクや手袋などを使ってください」と手渡してくれたから、一番親切だったと言ってもらったそうです。
私も含め非常に嬉しいお話です。自分たちの誠意気持ちなど伝わった事が何より嬉しいです。
担当者の方とこのような小さな真心を大切にしていこうと前々から話しておりましたので、自分たちの考えが世の中で共感を得てくださるかたがいると実感できました。
私どもの考える「特殊清掃」「遺品整理」って物を整理するだけでなく心を整理する事なんだと思います。

2014/11/10 傍楽

一雨ごとに秋も深まる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

遺品整理業を営んでおりますと、「どうしてこの仕事されたんですか?」とよく聞かれます。確かに何故?と思い考えてみました。

そもそも「働く」っていったいなんなんでしょうか?十人十色だと思います。生きがいだと考える人、生活するためと考える人、いろんな考えがあり、どの答えが正しく、どれが間違えでもないと思います。

私は「働く」とは、「傍楽」だと思っております。「傍」とは人ということです。「傍から見たら」と使われたりする漢字です。人を楽にさせる事で「傍楽」です。

人を楽しませたり、楽させる事。だから子供が洗濯をお手伝いする。母を楽させているので、立派に「傍楽」なのです。対価をいただいて家族を楽させる事も「傍楽」です。しかし対価を得る事が働く事のようになっている気がします。

20年位前までは良く耳にしましたが、就職して両親を楽させてあげたい。しかし今は耳にする事は皆無です。生活保護の不正受給や核社会化、振り込め詐欺など、現代日本が抱える沢山の問題は「傍楽」事をわすれてしまっているからな気がします。

遺品整理業は「傍楽」をすごく感じる事が出来る仕事です。

2014/11/12 特殊清掃業のイメージ

おはようございます。
昨日から久しぶりに静岡県に帰ってまいりました。
またすぐ出てしまう予定ですが…

久しぶりに帰ってきていろいろチェックしておりますと当社のHPの検索ワードで「闇清掃」とあり考えさせられますね…

世間からのイメージはこんな感じです。よくある都市伝説の裏バイトの一つのような感じです。
裏バイトでなく正業なんですが…
特殊清掃業の認知UPを願います。

2014/11/13 煤との戦い

おはようございます。

この前から続けておりますはまり気味の現場で今日も朝から出発です。

火災現場の清掃ですと根気のいる作業でススとの戦いです。
朝から晩までひたすらスス落とし!有効な薬剤や道具などをいくら使っても最後は根気の作業です。

最終的に一日の作業を終えて家路につきシャワーを浴びてみるとシャワーの泡が黒いのです。
2回3回と進めても黒い泡!体を洗っても黒い泡!
綺麗になったと思いタオルで体を拭きタオルを見るとタオルも黒い…

家に帰ってもススとの戦いです。

2014/11/14 アーティストと特殊清掃

盛者必衰。

近日様々なメディア媒体を拝見していて目にする記事ですが、様々なアーティストがCDが売れない。DLでは食べていけない。と嘆き節のお話が出てまいります。

どういうことか?

我々からすれば、音楽を耳に入れると言う行為。CDを買って聞くこともDLする事も、はたまた無料でDLする事も目的の耳に入れる事には変わりの無い事です。

しかしアーティストからすれば、音源からいろいろなものを突き詰めて移行とすれば、様々な高額機材や人件費もかかる。

一つの作品を世の中に提供するのに私たちの見えない部分が沢山あり、CDが売れない事には、採算が合わないというのです。

我々が営む特殊清掃業も同じです。

目に見えないコストがあります。しかし部屋を綺麗にすると言う消費者の方からすれば、安いに越した事がなく我々のコストは関係ありません。

まったく違う世界ではありますが抱えている問題は一緒です。

現在の特殊清掃業は乱立です。本当に同業社が増えたと感じております。同業者が増える事が悪いとは思いません。(商売的には増えない方が嬉しいですが…)

世の中に必要とされていれば自ずと供給も伸びる。致し方の無い事です。

しかし最近は、中身のない業者が非常に多いです。簡単に言えば実態のない会社です。広告宣伝だけは非常に上手い。集客だけは行い、外注に振る。紹介料の利ザヤは稼ぐ。といった形式です。

我々は広告屋では無いので、むしろ広告宣伝は下手です。広告だけだして稼ぐ広告屋には到底太刀打ちできません。特殊清掃の現場や消臭に関しての技術でしたら負けないです。

しかし自らは何も生み出さない人達が商売を上手に行い、本当に必要な技術者が日の目を見ないのです。それが時代と言えば一言です。

このような風潮や時代の流れを止める事は不可能に近いのでしょうね…

私共の会社はどちらかと言えば淘汰されていく側なのでしょうね。と愚痴にも似た事を思う今日この頃です。

様々な会社に問うてみたいです。

完全消臭まで本当にしたことあるのか?

遺族の人の苦しみを、今まで何件しょってきたのか?

もっと言うなら、本当に現場に立ったことがありますか?

2015/11/15 特殊清掃業の根本

おはようございます。

当社の業務の根本はお困りしている方の手助けです。
スタッフにも困っている方を助けたい!力になりたい!こんな思いから、一生懸命やっているのですね。
だから私がいなくてもお客様を前にしたら頑張るようです。
人の役に立ちたい!を仕事にして対価を頂ける。
対価を頂き生活できる!

幸せな事です。よく大変なお仕事をされてますね。と言われますが人の為に尽くして汗をかく。大変と言うより気持ちが良いです。
特殊清掃業に出会えて幸せです。

2014/11/17 セルフネグレストと生きた証

特殊清掃業を営んでおりますと、孤独死現場などでのセルフネグレストと密接に関係することがあります。

セルフネグレストとは?

成人が通常の生活を維持するために必要な行為を行う意欲・能力を喪失し、自己の健康・安全を損なうこと。必要な食事をとらず、医療を拒否し、不衛生な環境で生活を続け、家族や周囲から孤立し、孤独死に至る場合がある。防止するためには、地域社会による見守りなどの取り組みが必要とされる。とあります。簡単に言うと自己放任と言うものです。

部屋の中が乱雑になり、トイレもトイレでしたおらず、食事などもベット周りに散乱。孤独死現場ではよくある光景です。他にもペッボトルなどに尿を入れている場合も多いです。

これを見た遺族が「こんなにだらしなくして」と言われるケースが良くあります。生きることをあきらめてセルフネグレストとくくられています。

はたして本当にそうなのでしょうか?

私にはセルフネグレストには思えません。むしろ懸命に生きた証に思います。

健常者には尿意を催し、トイレに行く!当たり前のことです。しかし体が弱った方は?まにあいません。掃除をする事も体力的に厳しい。食事も辛い。

私たちの目線で考えて良いのでしょうか?そのような中で懸命に生きた方の死にざまを軽蔑する。自己放任と決めつける。

セルフネグレストを唱えている学者の方々には言いたい。本当に生きることをあきらめた姿なのかと?

自慢にもなりませんが、おそらく日本国内全てで特殊清掃業を営んだ会社は当社が初めてであると思います。私は北は北海道から、南は沖縄、離島の対馬、五島列島など日本国内のすべての都道府県で孤独死現場に立った唯一の日本人です。そんな私が見てきて孤独死はセルフネグレストでは無い。

むしろ様々な辛い思いを心にしまって、周りに迷惑を掛けまいと必死に生きた姿。

尊敬の念こそあれど、軽蔑をする人々の気持ちが理解できません。決してセルフネグレストで片してよい事ではない。現場で思う事です。

私には力が無いので、世の中を変える事はできません。起ってしまった孤独死現場を受け止める事しかできません。是非、力のある方に一度考えてもらいたい。力のある人達なら世の中を変える事が出来るからです。同じ日本人がここまで追い込まれている現状がある事を知ってもらいたい。

政治資金がどうだとか、SMバーがどうだとかよりも目を向けてほしい、強い強い人間が我慢して生きた証を…

2014/11/19 特殊清掃業の実態!人材と給料

今日は某特殊清掃会社の代表さんとちょっと長めのお電話をしました。

特殊清掃業界について様々なお話をさせて頂きました。

そこで出たお話し特殊清掃業の【人材と給料】です。某業界組織には仕事に従事する人間よりも孤独死の数が多いだとか、一件の仕事が100万以上、200~300万円の場合も…などを謳っております。数年すると年収は1000万円以上は当たり前だそうです。

 

これは凄いです。この金額と話が本当であれば、会社をたたんで、働きに出ようか?などと馬鹿話になりました。

まずは、業界に従事する方の数ですが、どうやって把握したのでしょうか?雇用や、業種の中に特殊清掃業は無く、労働局や、総務省関係の資料の際にいつも業種設定が無く困っております。どうやって業態の規模を調べたのでしょうか?答えは根拠のない数字です。

2014/11/20 不法投棄

本日も気が付けばAM1:30。明日もあるので業務終了と行きたいのですが、怠けちゃいかんと自分に鞭をうちブログの更新です。

毎日書いたからと言って誰が読むわけでもないですが、自分の仕事に対する心の整理も兼ねていたりします。文章に纏めながら、自分と向き合う感じです。

今日は夕飯を食べているときに見た不法投棄のニュースです。

三島市の山麓で(静岡県での不法投棄は何故か沼津、三島が多い気がする…)家庭ごみを不法に投棄していた東京の業者が逮捕だそうです。東京都内は私共のような特殊清掃業や遺品整理業のゴミの処分は全くと言って良いほど処分が出来ないのでこのような業者も多いです。

 

当社も東京都内は何度もお断りさせて頂いております。簡単に言うと、都内の殆どが、ゴミの持ち込み禁止、役所に申請を出し、役所が日にちを指定して収集にきます。

ですので本来遺品整理業や、不用品回収業は成り立たないのです。ですが業者が沢山あります。

不思議で仕方ありません。すべての業者が悪い訳ではございませんが、このような業者も沢山あると思います。

 

今後の人口統計などから遺品整理や特殊清掃の必要性は高まるものと思います。絶対数も増えると思います。ですので既存のゴミ処分だけでは追いつかないと思います。

行政受け入れ方法の確立が求められます。不法投棄を無くす為にも役立つと思います。

 

今回の業者が捨てたゴミの映像から家屋の整理をしたのだと思います。

仮にトラック1杯を適正処分すると市区町村によってばらつきはありますが、6~10万位かと思います。処分費でこの金額ですと、遺品整理業や不用品回収業のHPなどの料金では、儲けは無いに等しいです。だから不法投棄をします。

適正価格と言う物があると思います。遺品整理業の乱立によりひたすら料金を下げる業者が多いですが当社は値段を下げません。むしろ下げれません。

このような業者と比べて高いと言われたりもするので、HPに他社より高いと謳ってしまったくらいです。

この業界は安かろう悪かろうの業界だと思います。

【故人の方の気持ち】と言ううたい文句にする業者が多いですが、違法な処分は故人の気持ちを考えての行動なのか?と思いますね!

2014/11/21 理解できない事

本日の業務終了です。

今日は久しぶりに現場で理由がわからない現象が起き理由を考えているところです。
そんなこんなで久しぶりに答えの出なかった不可解なお話です。

まだまだ経験も少なかった新米だった頃の事です。今までにない異臭と虫の大量発生に悩んでおりました。
経験も浅く技術も乏しかったので大変苦労しておりました。

一カ月位が立ちそろそろお客様に渡してもいいかと考えていた時です。
何も手を付けていない場所が手の跡がぎっしりです。
えぇ何故?
必死に拭いて拭いて拭いて
その日を終えました。
そして次の日!
また無数の手の跡!

あれは今もわかりません。もいろいろな経験ができるのかと…

今まで沢山の現場に立ちましたが、まだわからない事ばかりです。日々勉強ですね!

2014/11/25 真似られた率NO1

おはようございます。
 

本日は今から出動して参ります。

最近特殊清掃の掲示板を拝見いたしました。

なかなか実情を反映されておらず、よく憶測とどこかで読んだ事だけでここまで書けるなぁ~と感心しました。

広告宣伝として上手く書いています。どうも現場の職人気質の為この辺が当社は下手です。素直に認めます。

現場の技術は自信あるのですが…

腕が良くても、それだけでは現代社会では通用しないですね!勉強しなければ

 

某社(腕はいいと思いますよ!)のFBなども読んでいますが、その中にありましたが真似られる。

これは私も感じています。他社の色々なブログやHPを読んでいて、あれ?このブログ私の内容に似ている。現場の出来事一緒じゃん?

同じ時期に同じ経験!運命を感じます。

あれ?このコンテンツ当社と一緒じゃん!本当に沢山あります。しかもこちらが更新してからが早いです。

特に多い事が当社のパック料金!

これは最初に始めたのは私だと思います。今はどこも当社の悩むなパックの前後ばかりです…

他にもこのコンテンツは私が始めたのになぁ~が沢山あります。現在は静観しております。

自由競争なので真似る事は駄目だとは思いません。きっと私も他社のHPなどに影響されていて、気が付かないうちに真似ている事もあるでしょうから。

それも含めて広告戦略をしなければならない…仕事が増えますね!

たぶん当社は特殊清掃業で他社に真似られた率NO1だと思います。ある意味称号かなぁ~

考え方ですが、昔は誰も受けてくれる所が無く、困っている方が沢山いましたが受け皿がなかった。それだけ当社を真似た受け皿が増えた!

そう考えれば、世の中の役に立った!と言えます。

でもやっぱりすっきりしない今日この頃…

2014/11/26 殺人現場の涙

本日は最近あったことで久しぶりに現場で胸が詰まり涙が出ました。

これは社会の歪が生んだ悲しいお話です。このブログを読んで皆様に考えて頂き一つでも同じ苦しみを持つ方を減らせられればとブログ書きます。

とある日の夜いつものように電話が鳴りました。

「特殊な清掃をしていると聞いたけど、受けてくれますか?」
と憔悴しきった声で問いかけられます。
声を聴き緊迫していると推測し「はい」の一つ返事でお受けいたしました。
あまり詳しい事を聞くの下種な話ですので、装備をチョイスするため簡単な話を聞きました。
簡単に言うと「殺人」です。

こちらも心を整えて現場に向かいました。

このような現場は魔が潜み何とも言えない雰囲気を醸し出します。気持ちを整えていかないとこちらも魔にのまれ精神的に錯乱したりするので、まずは私一人で現場に突入しスタッフは車待機です。
入る前から違和感が…
魔が無い!いつもと違う。違和感を感じながら中に入ると更に驚きです。部屋の中がものすごく綺麗です。現場の部屋もものすごく綺麗なのです。

皆様が想像するような悲惨な状況が何もないのです。おいてある物や本も乱れなくこんなにきちっとされた部屋を見る事は滅多に無いレベルです。

その時私は涙が出ました。今回の現場は高齢者の奥様が介護に疲れ主人を殺害した現場でした。こんなにしっかり生活をし介護をする。並では無く、若者でも容易でないレベルなのです。ここまで献身的に尽くす。言葉では安くなりますが本当に頭が下がり、ここまで尽くされた方の優しさ、責任感、愛情部屋が無言で伝えてくれました。

そしてここまで追い込んでしまった現代社会の在り方に「違うだろう」と強く感じました。

TVや新聞では中に入ることが無いのでわからない事ですが最前線ではこんな事もあるのです。

後期高齢者が毎日献身的に介護する事の大変さ…
殺す以外に選択肢がなかった悲劇を無くさなければと思います。

小さなことですが、草の根的な活動をして参りたいと思います。是非皆様も何かを考え声にして誰かに伝え、社会に問題定義して頂きたいです。

2014/12/1 仕事の源

ご無沙汰しております。

久しぶりのブログ更新となります。

今週は1週間お仕事に邁進しておりました。


連日のお仕事によりいろいろな経験を積ませて頂き、更に技術を高める事が出来ました。


様々な形でフィードバックしていきたいと思いますので、お困り事があれば是非、当社に御一報ください。

また地元におり、家族との時間を取れて改めて自分の源を認識できました。

 

そこで本日は仕事の源の「やる気」のお話。たまには真面目なお話を…


私のように特殊清掃を営んでおりますと、「何故、この仕事をしているのですか?」「何故平気なのですか?」と聞かれる事が沢山あります。
むしろ聞かれない方が少ないです。

 

この仕事に限らず、人には様々な欲があります。
お金が欲しい金欲
名誉が欲しい名誉欲

などなど仕事に対して色々な価値観を持ち、それを求めて仕事をしております。
私の場合の仕事に求めるものは非常に多く
「やりがい」「対価」「名誉」この全てが欲しいタイプです。
非常に欲張りです。私がもし面接で働きたいと求人してきたら、嫌なタイプですね…

 

私が採用か不採用か決める上でこの「欲」を見ます。どんな欲を持っている事が良いか?私の答えは「どれでもいい」です。

一番ダメな答えは「欲が無い」です。自分が欲の塊ですから根本的に合わないからです。

しかし一番大事にしているものは「何の為に欲を持っているか」です。これは非常に重要です。

例えば金欲
金欲と言うと何か下種なイメージですが、家族の為にお金が必要!と言うと素敵な事に思えます。


と言うように欲の矛先が大切なのです。矛先を間違うと大変なことになります。だから一番重要視しております。

「欲」と「矛先」がしっかりしていれば辛い事なんてないです。

だから特殊清掃業は私にはぴったりです。

私は元来の天邪鬼です。右向けと言われれば左を向き。これは儲かるよ!と言われれば逆をやる。
そんな性格の私には、多数の方がやりたくない!と思う事はやりたいですし、薄いなれ合いを嫌う私には本音で遺族と向き合うこの仕事が好きです。

本音で向き合うので「やりがい」を感じ、それに対して「対価」を頂き、天邪鬼の変わり者である私を理解し支持してくれるから、パートナーが家に帰れば誰もやりたがらない事を一生懸命やっててカッコイイと「名誉」をくれます。


自分の求めるものを得る事が出来るから、仕事に精がでる。仕事を嫌々やらずに済む私は幸せ者です。

2014/12/5 死から生に

おはようございます。

本日は業務開始から24時間を経過して現在に出発の準備に追われております

昨日はお問い合わせを沢山いただきありがとうございました。

お困りの事ございましたらご相談ください。

日本全国まわっていて、最近知り合ったとあるお寺のお話です。
最初の出会いは1本の電話からです。

最初の印象はまた営業か!
です。しかし話を聞いていますと、なかなか面白いので興味が湧き、近くに行ったら会いましょうという事になりました。
そこで近畿地方をまわっていた際少し時間ができたので、和歌山県は高野山の麓にお邪魔してみました。

周りの大自然の景観に囲まれて圧倒され現地に到着です。
 

こちらのお寺の名前は童楽寺
童が楽しい寺!読んで字の如くです。

ご住職が訳があり親御さんと暮らせない児童を引き取り、大自然の中で暮らしておる活動をしております。
中々できる事ではないと感心いたします。そこで、児童を育てるにはやはり金が必要です。
そこで私どもの会社としてこちらのお寺の力になれないか?と考えて当社の売上の中から一部を協力する形で、御焚き上げをお願いする事になりました。
<
お客様には御焚き上げを無料とし当社が支払う形です。
自分にはできない事ですが、微力になればと…

私たちは人の死と向き合っておりますが、死から生につなぐ懸け橋にと考えております。
もしご賛同いただける方がいらっしゃるとうれしいな!と思います。

2014/12/9 特殊清掃業に慣れるならいつがおススメ?

特殊清掃業を営んでおりますと、特殊清掃業の求人を探しておられる方が非常に多いです。

今日は現場のお話ではなく、特殊清掃業を始めたい方に向けたお話です。

特殊清掃が用務は非常に過酷な現場が多いです。

入社して最初からきつい現場を経験すれば後が楽!と言う考えもありますが、だんだん特殊清掃に慣れていきたい。と考える方が多いと思います。

そこで特殊清掃の季節ごとのご紹介

春→比較的にライトな現場が多いです。

夏→非常に辛いです。夏場の室内で防護服はかなり地獄です。

秋→夏場に発見されなかった現場が多く、臭いが染みついていたりしますが、意外に辛くはありません。

冬→辛くないイメージですが、浴槽死などの特殊清掃は本当に辛いです。

これは私の意見ですが、順位をつけるなら秋→春→夏→冬です。

今日のブログは非常に軽いお話でした。

2014/12/13 特殊清掃業のレベルUP

御無沙汰しております。

本日は生前整理関係の現場作業と、見積もりを終えて現在に至ります。

明日からは東北方面で特殊清掃系を2件、遺品整理を1件施工する予定でしたが、急遽変更です。九州方面での特殊清掃です。

 

作業の予約状況などを考えますと、九州で特殊清掃できる人間は誰ですか?

答えは簡単です。私です。

従業員の予定が埋まってくると、何故か遠方の仕事が舞い込みます。そして私の仕事になります。

お陰様で、今まで経験したことが無い事などを扱う事が多く、非常に勉強になります。そこで試行錯誤した結果が、当社のサービス内容につながります。

他社様よりも細かい現場や、対応できる現場が多い理由はそこです。

お困りの事案に対して、いつでも駆けつける事が技術UPの秘訣です。今回もいつもとは少し違った特殊清掃です。

最善の方法を構築して対応したいと思います。また勉強をさせて頂きたいと思います。

特殊清掃業の技術はすべてお客様に教えて頂く物ですね!

2014/12/16 特殊清掃業の受付

ご無沙汰しております。
久しぶりのブログ更新となりました。

ここ最近はと言うと仕事三昧と言った感じです。今日もこの後出動です。

連日様々な案件と向き合っておりますが、一つとして同じ案件がございません。

一人一人にドラマがあるんですね!

 

心の温まる話から、キュッと胸が痛くなるようなお話まで様々ですが、一つ一つを自分なりに昇華させていきたいと思います。
人の最後の最後を見送る者としてしっかり受け止めなければと強く思う今日この頃です。

 

最近のクライアントさんのお話ですが、一見ご家族にご不幸があったのに辛くないのかな?と思ってしまうご遺族でした。


始めて当社に特殊清掃の御依頼のお電話いただいた際もしっかりした受け答えで「結構ドライな方だな…」と思っておりました。


しかしお話が終わり受話器を置いたと思われていたようですが、切れておらず、嗚咽をあげ電話先で泣いておられました。


「リスクベネフィットさんに頼んだから安心していいぞ!親の俺が何もできなくてすまん」と亡くなったご遺族に話されておりました。

この方の本当の気持ちや、精神力の強さなど、男の強さを感じました。同時に自分の仕事への責任を感じました。
仕事を作業として消化するのではなく、残された方の心を昇華させねばならないと気持ちを引き締めていきたいと思います。

2014/12/17 特殊清掃業と遺品整理業

本日も一日の業務が終わり、ブログの更新タイムです。本当に簡単に日々思う事を書かせて頂いております。

今日は【特殊清掃業】と【遺品整理業】についてです。

何故こんな事を書こうと思ったのか?

遺品整理業者などが謳い文句で【孤独死】や【無縁仏】などを対応し、誰かがやらねばいけない的な事を言って、使命を…

等と謳う業者が多いからです。

実際に現場に立って来た私からすると虫唾が走るセリフです。こんな事を書くと私の人間性が問われそうですが、なぜ虫唾が走るか?

 

遺品整理業は遺品整理業であって特殊清掃会社では無いからです。実際は遺品整理会社は特殊清掃をやっていません。

特殊清掃会社は遺品整理もやります。

 

実際に現場に立って向き合ったこともない人間が営業トークで【使命】等と言ってほしくありません。【使命】とか綺麗事を口にするなら、ボランティアでやってみてください。と言いた

です。

 

そんなに簡単な仕事では無い。また【孤独死】や【無縁仏】は簡単な話じゃない。遺品整理にも様々な人間模様がありますが、特殊清掃業はもっといろいろあります。

様々な人の人生の最後を受け止める事。やった事のない人間に簡単に言われたくないですね!

 

他にも綺麗事が沢山あります。誰かのためになりたいので…では自分でノウハウを盗んで独立しなくてもその会社でやっていればいいじゃん!

て思っていたりします。

 

私が特殊清掃業を営んでいます理由は対価だけではないですか、きれい事だけでもないです。綺麗事と対価両方が欲しいから特殊清掃業だったりします。

 

話が脱線しました…どうやら最近ひねくれているみたいですね…

2014/12/28 年末年始も特殊清掃

いよいよ今年も残すところあと僅かとなりました。新年の足音も聞こえてまいりますね。

特殊清掃業の年末年始はお休みなの?と素朴な疑問をお持ちの方がいらっしゃいますね。

お答えいたします。

答えは「休み無し」です。

他社様は解りませんが、当社は休みは無いです。代休やシフト制にして社員は休みを取りますが…

ですので昨日からは従業員が休みで当社の専務の只井と2名で現場作業をさせて頂きました。非常になつかしです。まだまだ従業員がいなかった頃は、沢山の現場を2人で行っ

たなぁ

と思います。まだまだ最初の頃は技術的にも手探りでしたし、非常に新鮮でした。この年末に来て「初心忘れるべからず」ですね。

実際にお客様と商談をし、当社を選んで頂き、その現場を自ら行い、納品する。そしてお客様の笑顔を頂く。

期待に応える充実感。肌で感じますね。この為に仕事しているんだなと再認識です。

 

本年も沢山の遺品整理業者、特殊清掃業者が増えました。沢山の他社の広告も拝見いたしました。見ておりますと実態があるのかな?と思われる業者が多数ありました。

何かかわいそうな気がします。

企業ですので利益は大切な事ですが、それだけに走り期待に応える充実感を味わえていないからです。

せっかく特殊清掃や遺品整理業に目を付けたのですから、仲介だけで利ザヤを稼ぐだけでなく、現場を経験されれば?と思ってしまいます。

仕事の価値観や、死生観を磨けますよ!

 

 

 


0120-087-867


0120-087-867
メールフォーム


ページの先頭へ