施工事例

吐血現場からトイレまで通路全体で吐血した場合の清掃。

今回は神奈川県より吐血現場の清掃のご依頼でした。

寝室で吐血された後自力でトイレに向かい、そこでも吐血してしまわれたそうです。

吐血された方がご病気を患っておられたことで、特に入念な殺菌消毒を御希望された

ため、悩むなパックに加えて殺菌消毒も含めての御契約となりました。

まずは室内を確認させていただきますと、まずは玄関横のトイレ内に大量の血液が広がって

おりました。

そこから寝室へと向かう通路にも点々と血痕が確認できます。寝室はさらに大量の

血痕が広がり飛び散っておりました。

何かしら理由があっての吐血だったのではないでしょうか?

トイレと寝室はまだ表面は固まっておりませんが、ベットリと粘性のある状態で

あったため、まずは消毒殺菌剤のRB酸水を吐血面に噴霧し、作業前の消毒を行いました。

作業をお受けするにあたり従業員の身体面での感染もやはり心配です。

血液に関しては血液に混入しているたんぱく質を分解する事が非常に重要であります。

その為には「オキシドール」「セスキ炭酸ソーダ」「重曹」

これらの物を用いて吐血清掃当たる事が望ましいです。

特にこれがいけない?といったものはございませんが、重曹などはその後の物質等の状態に応じては

危険な場合もございますので、当社ではオキシドールを使用する事を推奨いたしております。

オキシドールを床面から血痕を剥がします。

作業員の際には感染症を防ぐため、防護服と防護マスクを着用し、玄関から

トイレ、寝室へとRB酸水を満遍なく噴霧し進んで行きます。

 

その後、特殊洗剤タロウをお湯で希釈し、吐血面に振りかけながらヘラで血痕を

こそぎ取りました。こそぎ取ってはウェスで拭う作業を繰りかえします。寝室に

至っては、カーペットフロアのミゾに入った血痕が取れにくく、トイレについては

便器と床の隙間に入り込んだ血痕が取れにくいため、ブラシを使用し念入りに血痕を

かき出し、お湯をかけては洗浄という作業を、書けたお湯がキレイなままの状態に

なるまで繰り返しました。

 

また、寝室はベットの下にも血痕の飛び散った跡が確認できたため、ベットのマットを

外して、ベット下及びベット側面も念入りに洗浄致しました。故人様が移動したと

思われる寝室とトイレの導線については、床はもとより壁紙にも血痕飛び散り跡が

無いかを確認して清掃致します。

清掃完了後は、オゾンによる空間全体の消臭消毒を致します。

吐血現場では血液の鉄臭さなども残りますが、これはオゾンを適量使用する事で

簡単に落とす事が可能です。

現在業者の中には低品質なオゾン脱臭機を使用する業者も多くございます。

オゾン脱臭と一言でくくるには雲泥の差があります。また使用の方法も重要です。

オゾン機器は特に臭気のあった場所をめがけて、消臭効果の高まりを狙って設置致します。

このようにしっかりとした技法であれば吐血現場の消毒と消臭は1時間程度のオゾン燻蒸で可能な事が

殆どであります。

各所密閉しオゾン消臭している間、使用後の工具の清掃や作業車への工具運搬等も進めると

ともに、お客様の遺品整理を出来うる範囲でお手伝いさせ頂きました。

 

ご遺品の中には、買取可能な物もあり、その場で査定部へラインを通じて写真を送りました。

当社は「タイム―査定システム」を導入しています。

上場企業である、大手リサイクルショップと提携しており、買取価格が即判明し、

お客様の作業代金から相殺させていただいております。

 

 

そうしている間にオゾン燻蒸が完了し、換気し各所臭気を確認したところ、お客様にも

問題が無く納得頂け、無事納品となりました。

  • 作業:
  • 人数:
  • 日数:
トイレの施工前状況です
寝室の施工前状況です
玄関からトイレそして寝室へと、殺菌消毒剤を噴霧して行きます
固まった血液はヘラを使ってこそぎ取ります
トイレと床の隙間に血液が入り込んでいるので、ブラシで念入りにかき出します
ベット側面に飛び跳ねた血液跡も見逃さずに清掃します
仕上げはオゾンショックトリートメント法Ⓡで消臭します
トイレの施工後状況です。臭いもなく爽やかに仕上がりました
寝室の施工後状況です。お客様にも御満足頂けました

お客様の声

アンケート
ベッドの解体やゴミなどを運んでいただいたサービスが良かった。どのような作業をするか、ていねいでわかりやすかった。このような依頼は初めてで不安でしたが、安心してお任せすることができました。